Processing用ライブラリ

このページでは、Processing用の小粒なライブラリを公開しています。

CaptureDS

ProcessingのCaptureライブラリは、標準でQuickTime for Javaを用いてWebカメラの映像をキャプチャします。Mac OSXでは比較的快適に動作するQuickTimeですが、WindowsではWinVDIGを挟まないとキャプチャデバイスにアクセスできず、結果として動作が重くなっています。また、キャプチャできる画面サイズも640×480に制限されます。

CaptureDSは、Windows環境においてDirectShowを用いてWebカメラの映像をキャプチャできる、単機能なProcessing用ライブラリ(クラス)です。

なお、このライブラリの動作にはhumaticで公開されているDirectShow Java Wrapperが必要です。

CaptureDSクラスの使い方は基本的に、Processing標準のCaptureに準拠しています。詳しくはドキュメントをご覧ください。

Google Codeからダウンロード
※リンク先で、ページ中ほどのファイル名(CaptureDS-yyyy-mm-dd.zip)をクリックしてください。

これまでの閲覧者数:16386
トラックバック先URI:http://digitalmuseum.jp/trackback/8507/

執筆者:arc@dmz
担当者:arc@dmz
制作者:arc@dmz

作成日時:2008/12/29 4:08:24
更新日時:2010/11/15 6:04:45
更新履歴: